Withカウンセリングルーム~明けない夜はない~

岩国でカウンセリングルームを開設しています。 カウンセリングやメンタルケアについての 記事を更新しています。 Withカウンセリングルーム       0827-21-7120

落ち込み、苛立ち、自己嫌悪、不安、焦り・・・

うつ病になる前に改善できることもあります。
体が疲れたらマッサージへ行くように、
心が疲れたらカウンセリングルームを訪ねて下さい。
カウンセラーは心のリハビリをお手伝いします。

*ブログタイトルを変更しました

カウンセラーにできること

こんにちは。

 日本では「カウンセリングを受ける」ということが
まだ身近ではありません。

なぜ身近でないのかその理由はいくつかあげられますが、
一番大きいのは
「カウンセリング」が日本で認知されたのが
つい最近だからということでしょう

日本臨床心理士資格認定協会が設立されたのは1988年
文科省に財団法人として認可されたのがその2年後です
臨床心理士ではないカウンセラーということになると
正確にはわかりませんが、もっと後になります

(なお文科省がスクールカウンセラーの設置を始めたのは
2001年のことです)


また日本人は「我慢」を美徳とし「恥」の文化が
根付いていることも関係しているのかもしれません

実際に聞いたところによると

・「これぐらいのことは誰だって経験しているし、
やり過ごせればこの気持ちもきっと治まる」

・「カウンセリングに行ってるなんて人に知られたら
今以上に悪いことになる」

・「カウンセリングに行ったって状況が変わるわけじゃない」
など

私が実際に聞いた意見なので
すべての人がこのように考えているわけではないと思いますが、
極少数の意見でもないと思います

さらに「うつは心の風邪」というキャッチコピーが認知されているために
「放っておいてもそのうち良くなる」と認識してしまった方も多いようです

たしかに誰でも「うつ状態」になりえるという点では「風邪」と同じです
ですが「風邪」と同じでこじらせればより悪いほうへ
変化してしまうという場合があることが見過ごされています

「うつ状態」から「うつ病」へ変化するのは
珍しいことではなく、ごく一般的なことです

「うつ状態」のうちに対処することが
「うつ病」への進行を防ぐ大きなポイントとなります

 また「うつ状態」にはならなくても

 人間関係が上手くいかないために臆病になってしまったり

 大きなショックを受けたことがあり
 同じ状況になりそうになると逃げ出してしまうなど

社会で生活をするのに困難な状態を作り出している方も
多くいらっしゃいます

カウンセラーは弁護士や警察のような
状況の変化を促す具体的な方法を持っているわけではありません

ですが苦しんでいる人が状況を変化させるための
考え方や手段を身につけるお手伝いをすることができます

誰にも話せない
話してもわかってもらえない、信じてもらえない

それならカウンセラーに相談してみてください
カウンセラーは常に悩んでいるあなたの味方です
そしてカウンセリングルームは
あなたが安全で、安心できる環境を整えています

同じ衝撃を受けても人によってその影響は異なります
一人で苦しまずにまずはあなたの気持ちを話してみてください

あなたの一日が心穏やかでありますように。

伝染する感情

こんにちは。

ご存知の方も多いと思いますが、
「感情や行動は伝染します」。

以前ディスカバリーchで放送された実験があります。

被験者は通行中の一般の人々で
彼らは実験が行われていることも
自分たちが被験者であることも知りません。
内容は以下の通りです。

公園の広場で仕掛け人である男性が突然
声を出して笑い始めます。

最初は訝しげにしていた通行人たちが
徐々に笑い始め、
いつの間にか広場全体が笑いに満ちるという
結果がでました。

通行人へのインタビューはされていませんでしたが、
この結果から彼らが最初の男性に
「つられて」笑い出したように見えましたし
そういった結論が提示されました。


さて、同様に「悪意は伝染する」という
実験結果があります。

ソース:mentalfloss

フロリダ大学の研究だそうですが、
悪意を持った人物、失礼な態度をとる人物と
対面した後は
次に対面した相手に無礼な態度をとることがある
というものです。

誰かに嫌な思いをさせられたとき
その相手と別れた時に
いつまでも嫌な気分を引きずることは
誰しもが経験することです。

しかしその気分を引きずってしまうと
自分も別の相手に
「不愉快な思いをさせる」ことが
十分にありえるということでしょう。

このように「悪意」も「笑顔」も伝染します。

不愉快な相手と一切接触せずにすむ一日は
なかなかありません。
ストレス耐性を高めて嫌な気分を引きずらないように
対策することをおすすめします。

そして、自分からは常に「笑顔」を
人に送れるようになりたいものですね。

あなたの一日が心穏やかでありますように。

安眠のためのホットドリンク

こんにちは。


前回に続き「睡眠をよくする」ためのお話です。


今回はおやすみ前のおすすめホットドリンクを

ご紹介します。


眠りたいのになんだかお腹がすいて眠れない時や

なんとなく寝付けない時に

ホットドリンクを飲むことは

神経を落ち着かせ、心身ともにリラックスできる

効果があります。


  ・ 白湯・・・副交感神経が優位になるので、リラックス状態になる

  ・ ホットココア・・・「テオブロミン」が含まれており、リラックス効果がある

  ・ ホットミルク・・・「オピオイドペプチド」が含まれており

    中枢や末端神経に働きかけて睡眠を誘う

  ・ カモミールティー・・・神経を鎮めてリラックスする効果がある

  ・ ラベンダーティー・・・脳の興奮を鎮めて

    心身をリラックスさせる効果がある

  ・ 暖かい生姜湯・・・体を温める効果があるので

    神経が鎮まり、眠りやすくなる


共通点はカフェインを含まないということ。

カフェインの主な効用に「覚醒作用」があることは

周知の事実ですね。

仕事の合間などに飲むのはお勧めですが、

眠りにつくにはよい効果とはいえません。

また「利尿作用」があるため

せっかくの眠りを妨げてしまう恐れもあります。


寝付けない時は自分の好きなホットドリンクを

ゆっくり飲んでリラックスして

もう一度お布団に入ることをおすすめします。


あなたの一日が心穏やかでありますように。

記事検索

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード