Withカウンセリングルーム~明けない夜はない~

岩国でカウンセリングルームを開設しています。 カウンセリングやメンタルケアについての 記事を更新しています。 Withカウンセリングルーム       0827-21-7120

落ち込み、苛立ち、自己嫌悪、不安、焦り・・・

うつ病になる前に改善できることもあります。
体が疲れたらマッサージへ行くように、
心が疲れたらカウンセリングルームを訪ねて下さい。
カウンセラーは心のリハビリをお手伝いします。

*ブログタイトルを変更しました

病院とカウンセリングルームの違い

こんにちは

今日は病院とカウンセリングルームの違いについて
お話します。

まずは病院について、

医師免許を持ったドクターが
精神疾患の治療を目的として
診察、診療をします。

精神疾患とは

【精神や行動における特定の症状を呈することによって、
機能的障害を伴っている状態】

を指します。ちょっと難しいですね。

具体的には
・うつ病、双極性障害
・統合失調症
・パニック障害

などがあげられ、脳の機能不全が問題で起こる病気です。
これらを主に薬物を用いて治療していきます。


一方カウンセリングルームではカウンセラーが

【認知のゆがみ】によって起こる問題を
認知を正すことによって解決していく

トレーナーのような役割を果たします。

たとえば
・人間関係が上手く築けなくて仕事に行けない
・ショックな出来事をきっかけに外に出られなくなった
・「自分なんて・・・」と否定的感情から抜け出せない

このような問題を相談者と一緒に解決するのが
カウンセラーです。


両者の違いははっきりしていますね。
どちらがいいか悪いかではなく
原因と対処法があきらかに異なっているのです。

ですからドクターがカウンセラーを紹介することもあれば
逆もあります。
それは見放されたのではなく
その人にあった別の療法を提示された
ということです。

どちらに先に相談するかは
本人次第です。
そしてドクターもカウンセラーも
その方が少しでも早く心の重荷から
解き放たれることを望んで
向き合う姿勢に変わりはありません。

暑くなりました

おはようございます。

image

急に暑くなったので、
犬もバテています

日中外出される方は
熱中症にお気を付けくださいね。

あなたの一日が心穏やかでありますように。

心の健康ということ2

こんにちは

前回は「心の健康」について
一つの例を提示しました。

今回は「心の健康」
現実的に物事を把握し、対応することができる状態

を保つためには
どうしたらいいのかを考えていきます。

体の健康を保つためには
運動をしたり、食べ物に気を付けたりと
探せばたくさんの方法があります。

みなさんもいろいろと気を配っておられることでしょう。

同じように心の健康を保つためにも
ちょっとした工夫をしてみましょう。

具体的にはどういう方法があるのかをあげていきます。

1.ストレスをためこまない
 
 誰しも日々ストレスを感じています。
 ちょっとしたストレスはバネになってよいのですが、
 それが蓄積するといつか爆発し、
 取り返しのつかない状態に陥ってしまいます。
 ストレスが小さいうちに発散する方法を身につけましょう。 

2.良質な睡眠をとる

 睡眠は心にも体にとっても大切なものです。
 良い眠りをとるためにも
 睡眠環境を整えるのはとても大事です。

 ・ベッドに入ったら携帯やスマホを見ない。
 ・明かりを消して寝る。
 ・寝具を清潔にし、ベッドサイドを整える
 などを心掛けてみましょう。

 なお、子育て中のお母さんや、介護中の方など
 なかなか睡眠をとるのも難しい方もいらっしゃいます。
 ご家族の方が積極的に協力してほしいものですね。

3.いつもと違うことをしてみる

 ・1本早い電車に乗る
 ・情報から離れてみる(PC、スマホなどを見ない)
 ・1か所だけ徹底して掃除をする
 ・いつもより早く入浴する など

 ルーティーンな毎日の中で見えていなかったものが見えたり、
 気持ちのリフレッシュなどの効果が期待できます。

「心の健康」を保つためにできる
ちょっとした工夫。
ぜひ実践してみてくださいね。

記事検索

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード