こんにちは
秋も深まって、そろそろ冬支度をしなくてはいけない気候になってきましたね

ところで冬にだけの「うつ」があるのをご存知ですか?
これは「冬季うつ」と呼ばれ、冬の間だけ「うつ病」の症状が現れるものです。

「うつ」の症状として
・一日のほぼ大部分が憂鬱である
・一日のほぼ大部分で何をしても心が興味や喜びを感じない
・ほぼ毎日眠れない、または過眠の状態になる
・ほぼ毎日イライラして何もしない、できない
・ほぼ毎日疲れが抜けず、気力が起きない
・ほぼ毎日自分を否定する状態が続く
・思考力、決断力、集中力の低下
・自死を考えたり、実際に計画を立てたりする

これらの症状が あげられますが
「冬季うつ」もこれらの症状を伴って現れます

また過食、過眠、甘いものを無性に食べるなどが特徴があり、
上記の「うつ症状」と併合すること、
そして秋口から悪化し、春には消えるという症状が2年以上続く場合に
「冬季うつ」と診断されます

この症状を改善する方法としてあげられるのが

・日光を浴びること

「冬季うつ」は日照時間と大きく関係しています
冬場に日光を浴びる量が減ってメラニンの分泌が減少すると
睡眠と覚醒のリズムが乱れ、落ち込みや疲労感、
食欲の抑制が効かないなどの抑うつ症状が出やすくなります

そのため治療法としては
光照射療法と服薬で改善することになります


以前にも書きましたが

・日光を浴びること

は「冬季うつ」に限らず気分の安定を図る効果がとても高いのです
体内時計を規則正しく作用させることが
多くの心の病の改善や予防に有効なのです

同時に適度に運動をすると脳から抗うつ作用のある物質が分泌され
神経の成長を促すことも明らかになっています

冬になるといつもの自分とかけ離れてネガティブになったり
過眠・過食になるという方は
「日光浴」と「適度な運動」を心掛け、
それでも改善しないようなら専門医に相談することをオススメします

あなたの一日が心穏やかでありますように。